転職活動では、履歴書と職務経歴書が重要です。

転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠になってきます。

転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書が必要になってきます。企業の大部分は履歴書に加えて職務経歴に記載されていることを見て面接するかどうかを決めるため、まず第一にこの2枚の書類の作成が大事なポイントといえます。ただ記入することにとどまらず、記載内容の魅力化を図ることも必要です。職務経歴書は、これまでの職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り記載しましょう。さらに、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。たとえば売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、など明瞭に記してみましょう。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、よりよい内容にしてみましょう。自分の価値が高まるように、うまく活用することも有益な方法です。

再就職を念頭に置いているなら多くの会社の情報を日頃からチェックしてお…

転業を検討しているのなら、まめにさまざまな会社の募集案内を調べたり比較したりしておくと転身した後の見る目にとても役立ちます。今の仕事に満足していない場合、本腰を入れて転職活動を始めたときにどこの会社もいいように思えてしまします。そうなると、どこに決めればいいのか、判断できなくなり、判断を誤る可能性も少なくありません。その結果、最終的にはごく短期間で転職を考える羽目になるので、どんな会社か見極める目を養っておくのがベストです。方法としては、転職したい会社の雇用に関する情報だけ見るのではなく、転職したい会社の取引している会社も気にしておきましょう。透明性ある会社は、取引している会社を公表していますし、そういった企業でない場合、広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、チェックをする目安になります。さらに、会社によって個人グループに入っている場合もあるので、グループ名で調べ、確認しておくのも手です。

数年前の求人誌では、必要とする人材の「性別」まで記載されているのが普通でした。

一昔前の求人誌では、性別が明記されていました。けれど現在では、男女雇用機会均等法が施行され、採用する際、男女の差別がしてはならないとして、応募資格の概要に男女の性別を記載しないようになりました。しかしながら、求人を出す側としては、男性・女性のどちらでも良い、とは本心では考えていません。実際問題、男手が必要とするジャンルに、女性が応募してきたり、女性希望の会社に男性がエントリーしてきたり、でも採用されないといった可能性が高くなります。例として、「女性が活躍している職場です」といった内容の案件は、女性の働き手を希望しているのだと読むのがトラブルを避けられます。

転職活動をしていて面接において例外なく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていると、面接のときに例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機については、隠さずに話してもOKですが、これとは異なり「転職理由」を正直に話すのはオススメできません。たとえば収入に関する不満、上司と相性が悪いことなど、面接官に悪い印象を与えるものです。たぶん、自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しやすいので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。そのあと、「入社したら、〇〇をやっていきます5年後、10年後はこんなことがしたい、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、ポジティブなイメージを与えるようにしましょう。

転職の際に必須となる会社での採用面接での多数のひとが思い違いをしているので…

転職の際に外せない企業の面接に関して、勘違いしている人が多いのですが良い印象を与えたいと露骨なまでの猫かぶりをすることです。すると正直なところ採用を勝ち取れないこともあり得ます。そうならないために猫をかぶるよりも面接時は、「休暇」など、通常はかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を勇気を持って率直に尋ねておくと、最終的に間違いなく自身のためになります。実際には「そんな無遠慮なずけずけと質問をすると、最終的に採用されないのではないか」と懸念する人もいるかもしれませんが、ですが、意外と良い結果をもたらす場合が多いようです。こういった実は面接時に実際には、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。けれども、不採用を恐れるあまり、大半の人が質問を躊躇しています。そこで、あなたが一歩踏み込む勇気があれば「勇気のある人だな」ということで自己アピールになるのです。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ
経営コンサルティング、人材育成コンサルティング、個人コンサルティング、FPコンサルティングなら東京の英知コンサルティング株式会社へ。国内唯一、全コンサルタントがMBAまたは中小企業診断士。全国対応。

コメント

タイトルとURLをコピーしました